グリーンキーについて

約100の国際基準について認証審査を受け、基準を満たした施設に与えられるエコラベルです。目に付きやすい緑の鍵のマークがついていることで、海外にも通用するエコホテル・旅館であることを示しています。

グリーンキーの特徴

国際的に認められたエコラベルです

グリーンキーは、観光に関連したグローバルな制度として、世界各地で採用され大きな広がりを見せています。認証取得のためには、国際的に定められた環境に関する基準を満たしていること、定期的に外部の委員による審査を受けることが必要となります。

お客様へのわかりやすいアピールのためのツールです

グリーンキーの認証では、お客様とのコミュニケーションを重視し、顧客のニーズも踏まえた環境活動を推進することで、高い評価も得られるように配慮しています。その結果としてグリーンキーのロゴは、デンマークでは利用者がホテルを選ぶ目安のマークの一つとして、ガイドブックにも掲載されています。

本気で最新の環境対策に取り組んでいる証です

グリーンキーの審査は、その施設が実際に環境に配慮しているという「質」と、組織として継続的に環境対策に取り組んでいるという「マネージメント」の両面で行われます。形式上の環境配慮だけでは、認証の取得・継続が難しい一方で、認証を取得するための取り組みそのものが、有効な環境対策となる仕組みになっています。

 

グリーンキーの歴史

1994年 デンマークで開始
2003年 国際NGO、FEE(環境教育基金)が国際認証プログラムとして運営開始
2009年 日本でグリーンキー認証制度開始、国内3施設がグリーンキー認証取得、
日本を含む世界14カ国、820の施設がグリーンキー認証を取得
2010年 国内2施設がグリーンキー認証取得、グリーンキー認証取得施設数が
世界18カ国・地域で1250施設に
2011年 国内1施設がグリーンキー認証取得、グリーンキー認証取得施設が
世界28カ国・地域で1500施設に
2019年 世界66カ国・地域で約3,100施設が取得

 

このページのTOPへ